• 新卒採用
  • 中途採用
  • パート・アルバイト採用
  • インターンシップ

新卒先輩の声

新卒先輩の声

京都の文化を守りたい

私は和菓子にこだわりがあったわけではないんですが、もともと「京都の文化に沿った仕事がしたい」という思いがあり、入社しました。

最初は主に、東山地区のホテルの売店や個人のお客様のルートセールスを担当していました。その後、京都大丸で店長を勤め、現在は本社にて当社が出店する各百貨店に対しての販売戦略及び戦術業務を担当し、商品企画の社内調整などを行い、広告に載せたりと、やりがいは今が一番強く感じていますね。
やはり会社の代表として先方とお話しするとなった際に、言葉の一つひとつや書類にも間違いのないよう、責任を強く感じ、気をつける事や、お客様のニーズに合ったものを生み出していくのが、この仕事の難しいところですね。そして、目の前にある仕事にしっかり取り組んでいく事が、何よりも大切だと思っています。
応募者の方には、人との繋がりを大事にして「自分の立場を作っていく」という姿勢で、仕事に取り組んで欲しいと思っています。僕は人生として、京都の文化を守っていける仕事をしていきたいなと思っています。

氏名:野口 浩司
所属:営業部
入社:1998年3月

京都文化に憧れて

私は、京都の文化に触れる仕事をしたいと思っていたので入社を決めました。

最初の仕事は、御所の一般公開での販売です。
「桜が綺麗ですね〜」とお客様と話したり、やっぱり「菓子に関わる」ということで季節をすごく感じられるんですよね。この会社は京都の文化を学べる所だと思います。観光客の方と触れる機会が多く、人との関わりが楽しいです。でも時にはお客様から厳しいお叱りを受けたり…社会に出てみて自分の未熟さを痛感しました。でも、普通では知る事のできなかった京都の文化を勉強できますね。今後も人と関われる仕事がしたいですし、人を育てる事をしたいと思っています。
就活では、ただイメージだけで一つの業界を受けるんでしたら、たくさんの業界を受けた方がいいと思います。進路相談に行ってみるとか、人に話を聞いてもらうというのは一番いいと思いますね。最初は社会に出ると萎縮してしまうと思うんですね。でもやっぱり、若さをアピールしてほしいですね!

氏名:松井 まどか
所属:営業部
役職:店長
入社:2005年3月

Copyright 2007 TAWARAYAYOSITOMI Co., Ltd. All right Reserved